2007年03月27日

Vista のStarter版は低スペックマシンできびきび動くぞ

DELLからVistaアップグレードDVDがきたので、VMwareに評価版をインストールしてみた。
エディションも選択できて、日本で売ってないStarter版も日本語でインストールできてしまう。
Starter版は発展途上国?向けで低スペックのマシンでも動作するバージョン。Starter版の壁紙にはアフリカのサバンナの写真とかあって、こっちのほうがいいなあ。
vistastarter.jpg
インストールされるサービスとかも変わらないのに、常駐プロセスは少なくて軽い感じ。

やればできるんじゃないか>マイクロソフトさん

ていうか、逆にいうと
日本のユーザは、ハイスペックマシンでないと動かないVistaをハードと抱き合わせで買わされてるってことじゃないか??

posted by BakaBone! at 15:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

DELLからVistaアップグレード版が届いた

Vista販売直前にCore2DuoのXP(MCE)マシンを買ってて、
3300円のVistaアップグレードが週末にようやく届いた。
DVDケース入りかと思ったら、ダンボールの厚紙の台紙に
紙ケースという超簡易包装でがっかり

DVDはDELLのラベルで
・オペレーティングシステム
 Microsoft WindowsXP Media Center Edition 2005から
 Windows Vista Home Premium Express へのアップグレード
(中身はUltimateのDVD)
・Dell Windows Vista アップグレードアシスタント
(1枚はDELLのドライバとか)

ためしに、VMwareのゲストマシンにインストールしてみたら、問題なくインストールできた。
・インストールのときにライセンスを入れなければ30日評価版としてインストールできた。
・RCのときは仮想マシンの解像度を640x480にしないとインストールが動かなかったけど、製品版では小細工無しにインストールできた。
・VMwareToolsをインストールしないとネットワークアダプタが認識できない

いきなり、購入したXPマシンをVistaにアップグレードするのは危険なので、VMwareとかでVistaのインストール作業や操作に慣れておいたほうが良いかも
posted by BakaBone! at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。