2006年11月20日

ubuntu 6.10 でwine

fedora core6のcompizを断念したので
ノートパソコンにubuntu 6.10をインストールした。

インターネットで使うだけなら
十分、Windowsの代わりになるかもしれない。

パッケージマネージャで最新版のwineを入れてみた。
しかし、winecfgで設定ウインドウが表示されない

wineのサイトで、安定版の9.22のdebパッケージをダウンロードしてきて、インストールしてみた。

the WineHQ .deb packages archive
http://wine.budgetdedicated.com/archive/index.html
Ubuntu Dapper (6.06):
http://wine.budgetdedicated.com/archive/ubuntu/dapper/wine_0.9.22~winehq0~ubuntu~6.06-1_i386.deb

Edgy(6.10)だけど、Dapper (6.06)用の9.22

dpkg -i wine_0.9.22~winehq0~ubuntu~6.06-1_i386.deb

winecfgも表示され、Windowsソフトをインストールできた。
posted by BakaBone! at 23:11| Comment(0) | TrackBack(2) | LinuxとWindowsメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[linux][windows][ubuntu] ies4linuxと新しいWineの相性問題
Excerpt: 以前ここで書いた問題。 調べたらこういうのが出てきました。 The Wine 0.9.32 Thread コマンドラインから起動したときの、 err:ntdll:RtlpWaitForCritica..
Weblog: gmaxのてけとうなlab.
Tracked: 2007-03-11 23:45

gameboys 2007
Excerpt: ubuntu 6.10 でwine
Weblog: gameboys 2007
Tracked: 2007-04-18 23:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。