2006年09月14日

DB2 v8.2インストール失敗

いまさらだけど、RHEL4にDB2 V8.2 ESEをセットアップすることになった

DB2のダウンロードサイト、すでにV9 Viperがメインになってるけど
DB2 UDB Enterprise Server Edition V8.2 trial
https://www14.software.ibm.com/webapp/iwm/web/reg/download.do?source=db2udbese82&S_PKG=dl&S_TACT=105AGX28&S_CMP=DLMAIN&lang=ja_JP&cp=UTF-8

インストールの最後になって
db2javit: not found

よく見たらdb2inst1のホームディレクトリに何も無い

/tmpのインストールログを見ると
インスタンスのセットアップが失敗している

いろいろ調べたところ、
RHEL4の場合、FixPack11以上が必要

http://www-306.ibm.com/software/data/db2/linux/validate/rhel4_v82.html
Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 4 specific information on DB2 UDB V8.2.

for updating to DB2 V8 FP11 please update with MI00152
ftp://ftp.software.ibm.com/ps/products/db2/fixes2/english-us/db2linux2632/fixpak/FP11_MI00152/FP11_MI00152.tar

db2setup
インスタンスを作らない

fixpack11のインストール
リードミーにしたがって

この後、インスタンスを作成
db2isetup
posted by BakaBone! at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | DB2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

DB2 でスクリプト実行その2

DB2はSQL文のデリミタに「;」はいらない

オラクルの場合
insert into table1 values (12345,'ABCDE');

DB2の場合
insert into table1 values (12345,'ABCDE')

DB2でOracleと同じ「;」つきのSQLスクリプトを実行するには
db2 -tvf スクリプトファイル
しかし、最大長65535までらしい

DB21006E 入力コマンドが長すぎます。最大長は 65535 です

これを回避するには「;」なしのSQLスクリプトにして
db2 -vf スクリプトファイル

posted by BakaBone! at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | DB2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月21日

DB2のスクリプトのおまじない

DB2の覚書

スクリプトの最初に
connect to {DB} user {USER} using {PASSWORD}

create database はデフォルト以外の場所に作りたかったら on {ドライブまたはパス}をつける。

最後に
terminate
もつけておく。
これをつけないとセッションが接続されたままになるのでdeactivateなどができない。

勉強になった。
posted by BakaBone! at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | DB2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月20日

DB2のスクリプト実行でハマル

今週はDB2関係の作業を行うことになった。

テストデータをinsertするスクリプトhogehoge.sqlを書いて

DB2 -tvf hogehoge.sql

実行しようとしたら、実行されない。
何でかなと調べてみたら、
-tはSQLの区切り文字としてセミコロン;を使ってるときに指定するのだった。
作成したhogehoge.sqlは;を書いてなかった。
;を書いてない場合はtオプションをつけなければ良いらしい。

DB2 -vf hogehoge.sql

で実行できた。

インターネットでDB2で検索してもいい感じの情報サイトがなかった。
1時間くらいハマった。
posted by BakaBone! at 07:20| Comment(1) | TrackBack(0) | DB2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。