2006年05月13日

あずきフォント&うずらフォント

フリーでダウンロードできるフォント

サンプル


ダウンロードサイト
http://pocket-file.ddo.jp/azuki/azukifont120.zip

http://www.forest.impress.co.jp/lib/home/postcard/font/azukifont.html
posted by BakaBone! at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

SQL Server 2005 Express Edition のインストールでハマル

Windows 2000 Advanced Server (+SP4)へのインストールでハマった。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=220549B5-0B07-4448-8848-DCC397514B41

の手順とおりには行かなかった。
こうしたら動いた。

(1)Windows Installer 3.1のアンインストール
Windows Updateで更新しているとWindows Installer 3.1がインストールされている。
しかし、Windows Installer 3.1があると .NET Framework 2.0のインストールに失敗する。そこで、いったん、アンインストールする。

(2)Windows Installer 3.0 をダウンロードしてインストール。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=5FBC5470-B259-4733-A914-A956122E08E8&displaylang=ja

(3)Microsoft .NET Framework 2.0 をダウンロードしてインストール。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=0856eacb-4362-4b0d-8edd-aab15c5e04f5&DisplayLang=ja

(4)Windows Installer 3.1の再インストール
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=889482fc-5f56-4a38-b838-de776fd4138c

(5)MDAC 2.8 SP1 をダウンロードしてインストール。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=78cac895-efc2-4f8e-a9e0-3a1afbd5922e&DisplayLang=ja

(6)SQL Server Express をダウンロードしてインストール。
インストールプロセス中、なぜかSQL Server Native Clientのインストールに失敗する。
「sqlncli.msiを手動で実行しろ」とエラーが記録されているので、エクスプローラで、sqlncli.msiを検索すると、一時フォルダにSQL Server Express インストールファイル(SQLEXPR_JPN.EXE)の解凍フォルダにあるので、これをデスクトップなどにコピーしておく。この一時フォルダは、SQL Server Expressセットアップを終了すると削除されてしまうので、セットアップを終了する前に取り出しておくこと。

(7)sqlncli.msiの手動インストール

(8)SQL Server Express の再インストール。

これで、Microsoft SQL Server 2005 Express Editionがインストールできた。
posted by BakaBone! at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

VMwareのフリー(無料)ソフトVMware Player

現在ベータ版を配布中
http://www.vmware.com/download/player/

思い切ったことをするなあ。
今までなら、利用者が10人いれば
VMware Workstationを10ライセンス買わないといけなかったのが、
1ライセンスで済む、ということ。

まあ、競合となるマイクロソフトのVirtualPCもMSDN買ってるユーザなら、事実上、フリーで使えてるから、シェア争いのための戦略なのだろうけど。
posted by BakaBone! at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

VMware 4.5.2 では RedHat EL4 はサポートされてない

VMware 4.5.2でFedora Core 2とか3をなんとか動かす方法は、WEBを探すとでてくるけど。

テキストモードでインストールまではできたけど、Xorgが無理っぽい

いいかげん、VMware 5 買うことを検討しなきゃ
posted by BakaBone! at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

Google デスクトップ 2 リリース

まだベータみたいだけど、バージョン2がリリースされた。
これまで利用してきたGoogle デスクトップ(ベータ)に上書きアップグレードできる。

ggl000.jpg


今まで、作ってきたインデックスを再度作り直すのは大変だし。仕事で手放せないし。

ダウンロードサイト
http://desktop.google.co.jp/ja/index.html
posted by BakaBone! at 21:13| Comment(0) | TrackBack(1) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

Outlook重複メール削除アドイン

http://homepage1.nifty.com/akm/s01002.html
# Outlook重複メール削除アドイン Version 0.98 (バイト数:24,514 Byte)
# 対応機種:Windows95/98/NT4/2000/XP + Microsoft Outlook2000/2002/2003

OUTLOOKは重複メールを削除してくれないから、いままで手作業でやってたよ。
これを入れたら、簡単に削除してくれるじゃないかあ。
便利だなあ。
posted by BakaBone! at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

XPの「正規ユーザー特典」LZH機能

Windows XPに標準で搭載されているZIPファイルの展開機能と同様に、LZHファイルの展開を可能とするもの。
ダウンロード時にWindows XPの正規ユーザーであることの認証が必要

4月にリリースされたバージョンlzhfldr.dll(バージョン5.1.2600.2005)では不具合があって
6月に修正バージョン5.1.2600.2006がリリースされた。

ダウンロード先
Windows Genuine Advantage
http://www.microsoft.com/genuine/

lzh000.jpg
posted by BakaBone! at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

MIRACLE Linux x86-64 評価版 2枚目差し替え

2枚目のCDイメージがやっぱり壊れていたみたいで、修正版がアップされていた。

http://otn.oracle.co.jp/software/tech/linux/miracle/index.html
MIRACLE LINUX V3.0 - Asianux Inside for x86-64 評価版
2005/5/12 Updated
※Disk2についてお詫びと差替えのお願い
2005/5/12以前に掲載しておりましたDisk2(Asianux-10-x86_64-disc2.iso,237,741,756 byte)が破損していたことが判明しました。ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。現在正しいファイルを掲載しておりますので差換えをお願い致します。

早速、試してみたところ、インストールは無事終了した。ありがとうOTN様

ところが。
SCSI(AdaptecAIC79xx)ドライバーがロードされない・・・OTZ
以下のエラーとなってしまう。
# insmod aic79xx.o
aic79xx.o: unresolved symbol _diskdump_mod_timer_Rsmp_149821d8
aic79xx.o: unresolved symbol _diskdump_del_timer_Rsmp_6e4ae275
aic79xx.o: unresolved symbol _diskdump_tasklet_schedule_Rsmp_acd0d2f4
aic79xx.o: unresolved symbol _diskdump_add_timer_Rsmp_23163dfb

使用しているマシンはMIRACLE LINUX V3.0 - Asianux Inside 評価版(32bit)とx86-64版のデュアルブートにしてて、32bit版でブートすると、aic79xx.oは正常にロードされて使えるが、x86-64版でブートすると使えない状態なので、x86-64版のドライバーがおかしいようだ。

しかし・・・x86-64版のDUDはMIRACLE Linux のサイトにも、Adaptecのサイトにも無い・・・
助けてください・・・
posted by BakaBone! at 11:58| Comment(1) | TrackBack(0) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

DELL PowerEdge SC1420の増設メモリ

会社のサーバのメモリを増設しようと思ったが、DELLのサイトでは、該当するマシンが選べなくて純正の増設メモリが買えない。

メモリーのスペックはPC3200 DDR2/400MHz レジスタードSDRAM DIMM ECC
サーバ用なので、ECCとかレジスタードだったりする

WEBで探した結果crucialのメモリーが使えそうだとわかった。
http://www.crucial.com



このサイトからダウンロードできるCrucial System Scannerというツールを、メモリ増設したいマシンで実行すると、推奨メモリを選ぶことができる

crucial.jpg

あとは価格比較サイトで、この推奨メモリを売ってるところを見つけて買えばよい。
posted by BakaBone! at 00:05| Comment(0) | TrackBack(3) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

MIRACLE Linux V3.0 X86-64インストールできない

OTNからダウンロードしたMIRACLE Linux V3.0 X86-64の2枚組でインストールしようとしたのだが2枚目のCDに交換したところで、以下のエラー。
パッケージxxxxxを開けません。原因は多分、ファイルの欠落、又はパッケージの破損です。CDメディアからインストールしている場合、これは、通常CDメディアの破損か、又はCDドライブがメディアを読み込めないことを意味します。
<return>を押してやり直してください。

2枚目のCDをWindowsPCに持っていって、エクスプローラで見たら、一部のファイルはアクセスできない。
2枚目のCDをもう一枚焼きなおしても同じ。
CDイメージがおかしかったのかと思って再度ダウンロードして焼いても同じ。

元のイメージがおかしいのでは??
posted by BakaBone! at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

ThunderBird の復旧

親父のパソコンがクラッシュして、修理から帰ってきたら、ユーザデータはバックアップしてくれていたものの、OS部分は初期化&再インストールされていて、アプリケーションの再インストールと再設定が必要だった。OTZ

メールソフトの再設定手順
 
(1)ThunderBirdのインストール
(2)ThunderBirdを起動して、アカウントウィザードで最初のメールアカウントの設定を適当にする
(この設定は、あとで使わないので、適当でかまわない)
*アカウントウィザードの最後設定完了で「今すぐメッセージをダウンロード」のチェックを外して、ダウンロードしないようにすること
「サーバとの接続に失敗」とか出るけど、気にせず、ThunderBirdが起動したらすぐに終了する

(3)メールアカウントの設定をすると、以下のフォルダにデフォルトのプロファイルができている
C:\Documents and Settings\{ユーザ名}\Application Data\Thunderbird\Profiles\{今作ったプロファイル}.default
ちなみに、このフォルダは、エクスプローラのフォルダのオプションで「すべてのファイルとフォルダを表示する」を有効にしないと見えない

(4)バックアップから、同じところに前のフォルダを戻す
C:\Documents and Settings\{ユーザ名}\Application Data\Thunderbird\Profiles\{前のプロファイル}.default

(5)C:\Documents and Settings\{ユーザ名}\Application Data\Thunderbird\profiles.iniを編集する

Path=Profiles/{今作ったプロファイル}.default

Path=Profiles/{前のプロファイル}.default
に修正する

(6)これで、起動すると、以前の設定が復活する
posted by BakaBone! at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

Windows 2003 SP1 適用してみたゾ

Windows 2003 SP1がリリースされたので、早速、ダウンロードして試してみた。

SP1インストール直後見た目は何も変わらなかった。
デスクトップに「セキュリティの構成ウイザード」のヘルプのショートカットが追加されてるだけ。
「セキュリティの構成ウイザード」はインストールされてなくて、「プログラムの追加と削除」から手動で追加する必要がある。
コントロールパネルに、XPのSP2と同じWindowsファイアウォールがあった。

セキュリティの強化だけで、あんまり面白くなかった。
posted by BakaBone! at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

Puppy Linux とコンパクトフラッシュ

Puppy Linux は超コンパクトながらフル装備の Linux で、48〜60MB しかないので、フラッシュカードや USB メモリ、CDROM、Zip ディスク、などにインストールして、そこからブートできる

Puppy Linux
http://www.goosee.com/puppy/


コンパクトフラッシュ(CF)も対応してて、GUIから「Install Puppy USB card」でインストールするようにと書いてあるが、インストールするには、PCMCIAアダプタではなく、USBのCFリーダーでつなげてUSBメモリとして認識しなければいけないようだ。

PCMCIAアダプタでは、/dev/hde として認識される。
「Install Puppy hard drive」でインストール対象にリストアップされた。
posted by BakaBone! at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

会社から、自宅の犬を見る

ドコモのCM

しかしこのCM、人間様の都合しか考えてなくて、子犬が寂しがりやだってことわかってないよなあ。

<予算6万円〜>
ドコモのCMに出てきたネットカメラ
ハギワラシスコム Viewer Port210(ビュワーポート210) HNT-VPT210 [HNTVPT210]
価格 64,400円 (税込) 送料込

これにFOMAのカードをつけて、ドコモのFOMAの契約…
ちょっと高い。

<予算1万円以内>
ライブドアが出してるパッケージ


防犯24時 PowerPatrol Webカメラ付き

定価: ¥8,379 (税込)
価格: ¥7,215 (税込)14%オフ

PCカメラを使用してパソコンをホーム監視システムに!
これだとライブ動画で監視できる。

<予算数千円>
無料ソフト+WEBカメラ(数千円)
LiveCapture

無料ソフトだと、動画はNGだけど、静止画キャプチャならOK
あとはUSB接続のWEBカメラを安く買うだけ。

ひとつ、どすか。
posted by BakaBone! at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

XPのSP2アップグレードやっちゃえ

4月12日になれば、無理矢理?自動適用されてしまうらしい。

http://pcweb.mycom.co.jp/news/2005/04/05/101.html
Microsoftは自動更新およびWindows Updateを通じてSP2が自動適用されるのを一時的に遮断するツールを提供しているが、その利用期限を4月12日に定めている。終了以降は、自動更新が設定されていれば自動的にSP2がダウンロードされる。

その前にCDROMでアップグレードしたほうが良さそう。

アップグレードしてから
Windowsファイアーウォールを無効にする
Security Center サービスを停止にする、かつ、次回起動しないようにスタートアップの種類も「手動」にしておく
にしておけば、とりあえずうるさいポップアップに悩まさずに済むし、ほとんどアップグレード前と変わらないよ。
posted by BakaBone! at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

Windows 2003 VSS の修正モジュール

http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;833167
Windows Server 2003 用のボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) 修正プログラム パッケージのリリースについて
(以下引用)
.小さなサイズのクラスタを使用する大容量のボリュームでソフトウェア シャドウ コピーが完了しない
.ボリューム シャドウ コピー サービス ライタでタイムアウト エラーが発生し、バックアップ中および入出力処理の高負荷時にシャドウ コピーが削除される
.ハードウェア シャドウ コピーを削除するとプラグ アンド プレイ (PnP) デバイスが突然取り外されたことを示すイベントが出力される
.クラスタに複数の Windows システム パスが存在するか、ADMIN$ 共有が削除されていると、シャドウ コピーが機能しない
.ハードウェア シャドウ コピーの作成操作をキャンセルするとハードウェア シャドウ コピー リソースが孤立することがある
.ハードウェア シャドウ コピーをインポートするときにエラー 0x800700EA が発生する
.細かく断片化されたボリュームでシャドウ コピーが破損することがある
.ハードウェア シャドウ コピーで NULL のデバイス パスが表示される
.クラスタ環境でハードウェア シャドウ コピーを実行するときにボリュームが表示されない
.ハードウェア シャドウ コピーをインポートするときに [シャドウ コピー] が有効になっているとコンピュータが応答を停止することがある
.クラスタ環境でハードウェア シャドウ コピーがフェールオーバー後、一部の VSS 操作が完了しないことがある
.Microsoft Windows Server 2003 へのアップグレード後、クラスタ サービスが開始されないことがある
.VSS を使用して iSCSI (Internet Small Computer System Interface) ドライブにある論理ユニット番号でスナップショットを作成できない
.復元中にデータベースがオフラインの場合、SQL MSDE ライタからエラーが返される

修正プログラムの情報
マイクロソフトでは、現在この問題を修正する修正プログラムを提供中ですが、修正プログラムはこの資料に記載された問題のみを修正することを目的としており、障害があったコンピュータに対してのみ適用することを推奨します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次の Windows Server 2003 Service Pack がリリースされるまで待つことを推奨します

この問題を解決するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=/isapi/gomscom.asp?target=/japan/support/supportnet/contactUs.asp

問い合わせしないとダメってこと?
はやくWindows Server 2003 Service Pack 1 でないかな?
posted by BakaBone! at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

X-DEEPフリーのXサーバーソフト

UNIX USER 2005/4で紹介されてた
X-Deep/32 4.6.5 と言うフリーのXサーバーソフト。

まず、Windows側の設定。

公式サイトからダウンロードしてインストールする。
www.pexus.com

スタートメニューのX-Deep/32のX-serverを起動する。
空のウインドウが表示される。

次にLinux側の設定。

シェルより以下の設定を行う。

# DISPLAY=hogehoge:0<enter> ←Xサーバーを起動するPCを指定する。
# export DISPLAY<enter>
# gnome-session<enter>

すると、Windows側のウインドウにLinuxのGnomeデスクトップが表示される
posted by BakaBone! at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

knoppix が起動しない場合の対処

パソコン機種によってうまく起動できない場合があるようだ。

東芝 Dynabook E6/415CME親父のパソコン

起動すると、SCSIをサーチしておなくなりになっている
Welcome to the KNOPPIX live Linux-on-CD!
Probing SCSI ... aic7xxx.o_ ←ここで

boot: プロンプトで F3キーでHELPを見て、SCSIを無効にするオプションパラメータを探す
knoppix noscsi

で起動できた。
でも、これだとUSBストレージ(/dev/sda)を組み込めない。
boot: expert

対話式でUSBストレージのドライバを組み込む
usb-storage.o

これでUSBハードディスクをマウントしてバックアップ先として利用できた。続きを読む
posted by BakaBone! at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

Knoppix のPartition Imageでイメージバックアップ

KnoppixというCD-ROM から起動する Linux が便利。CD-ROM から起動するため、HDD へのインストール作業が不要で、しかもバックアップを作成する環境も、リストアを行う環境も、共通で使用可能。さらに、多くのデバイスに対応しているため、USB HDD を使うことができる。
Knoppixはフリーでダウンロード可能。
http://unit.aist.go.jp/itri/knoppix/

Knoppixには
ハードディスクイメージバックアップツール「Partition Image」が含まれていて、バックアップ先は、FAT16/FAT32パーティション(NTFS不可)という制限はあるけど、外付けUSBハードディスクにバックアップ可能。
Norton Ghost とか買う必要ないかな?

参考サイト
http://www.thinkpad-lover.org/knoppix/PartImage.htm

USBハードディスクのマウントは
# mount -t vfat -o iocharset=euc-jp,codepage=932 /dev/sda1 /mnt/sda1
posted by BakaBone! at 21:46| Comment(0) | TrackBack(2) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

Google デスクトップ検索 BETA 試用中

これ、イイ。
パソコン内のメールやらPDFやらOfficeやらからgoogleの使い勝手で情報を検索できる。

仕事柄、文章作るのにパソコンのハードディスクあちこち探しまくってるので、
この手間が省けると非常に助かる。

インデックス作成するのに2時間くらいかかった。
インデックスがどこにできるのかは不明。
GDS.jpg
超絶検索ツール登場!グーグルのデスクトップ検索とは

ダウンロード
http://desktop.google.co.jp/ja/index.html


posted by BakaBone! at 17:55| Comment(0) | TrackBack(4) | お試しソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。